Tag Archives: 真偽値

言語ごとの真偽値について

0
Filed under perl, php, シェルスクリプト
Tagged as

ちょっと以前から困惑しているのが、
スクリプト実行後の「返り値」といいますか「ステータスコード」といいますか
「戻り値」といいますか、、 「真偽値」といえばいいですかね。

これが、言語によって違うわけですよ。
単純に脳みその中でおかしなことになります。

今まで自分がやってきたものでいえば、以下の3つしかないわけですけど、
3つでも脳みそがおかしくなります。

 シェルスクリプト : 0:真 1:偽
 perlスクリプト  : 0:偽 1:真
 phpスクリプト   : 0:偽 1:真

となっているわけですよ。

まあ、シェルスクリプトだけ違うと思えばいいのですが、
シェルとかコマンドライン操作を多くしていた為に、
ちょくちょく間違えます。 こまりものですね。
全部揃えてくれたらいいのに・・・

pythonとかrubyとかはどうなってるんだろ。
気が向いたら調べて追記しようと思う。